我が家の一員

いびきの原因と健康状態

犬のいびきからわかる健康状態

ペットの犬が寝ているとき、人間のようにいびきをかくことがあります。
とくに初めて犬と暮らした人は、驚くこともありますが、多くは心配のない状態です。
それは、鼻や器官が、寝方によって狭くなって、呼吸時に音を出すもので、鼻の短いパグやペキニーズ、ボストンテリア、また、太り気味の犬は、とくにいびきをかきやすいとされています。
常に様子を気にかけて、普段と違った呼吸や、苦しそうな様子がみられないか、健康状態をチェックすることも飼い主として大切なことです。
例えば、鼻や器官の狭くなるような場所に腫瘍ができていたり、炎症を起こしている、気管虚脱などの場合もあります。
そして、ときには内臓疾患の症状としてあらわれることもあるため、慢性的にいびきをかいているときや、呼吸が変だと感じたときなどは、動物病院で診察を受けることが大切です。
早期に病気を発見することができれば、体力のあるうちに治療を始められ、費用も少なく抑えられるというメリットがあります。

犬がいびきをかく原因は

可愛い愛犬の寝顔は、見ているだけで癒されますよね。
そして、もし、人間と同じようにいびきを始めたら、さらに微笑ましく思うかもしれません。
しかし、健康に害を及ぼす場合もあるので、注意する必要があります。
犬は寝ているとき、人と同じように鼻や口から吸い込み、その空気が気管から肺を通ります。
この通り道のどこかが狭くなると、呼吸器を通る空気が振動し、いびきが起きるのです。
このメカニズムは人と同じで、疲れていたときに起きる場合もあり、一時的なものであれば心配する必要はありません。
しかし、慢性的なものになると、睡眠中の呼吸を邪魔してしまい、体全体に酸素が行き渡らなくなります。
また、犬は呼吸によって身体の熱を外に出しているため、呼吸困難になると身体の熱を発散できなくなり、発射病になりやすくなります。
原因については、生活習慣や日常的なものとして、太っていたり鼻炎持ちの犬は、いびきをかきやすいと言われています。
また、痛み止めや症状緩和、精神安定剤などの薬が気管を狭める場合もあります。
そして、家族が吸うタバコの煙も良くありません。

Favorite

最終更新日:2018/5/30

Copyright (C) 2015 我が家の一員 All Rights Reserved.