我が家の一員

病気のサインとなる口臭

犬の口臭は病気のサイン

犬の口臭が気になってしまう、と言うときには既に病気になっている可能性があります。
犬の口臭は自然な物ではなく、健康障害の初期症状であったりすでに発症している病気のサインである可能性があるのです。
最も多い口臭の原因は人間と同じように口腔内の異常だとされています。
歯垢や歯周病によって疾患が起こってしまっていると考えられるのです。
そのまま放っておけば、犬も人間と同じように歯周病となってしまい歯が抜け落ちて、固いものが食べられなくなってしまう、と言うことも多くあります。
口の中の臭いが気になる、と言う場合にはすぐに動物病院へ行くことをおすすめします。
ほかにも口の中の臭いとして症状が現れる病気もあるため、しっかりと検査をすることが犬の健康に繋がります。
このようなことにならないためにも、家庭でオーラルケアをすることもペットには大切です。
ブラシで歯を磨くのを嫌がる場合は、口元を触ったりガーゼで擦ったりすることで慣らしていくことが大切です。

犬の口臭原因とは

愛犬の口臭が気になる人も少なくありません。
犬は人間とは異なり、自分自身で歯磨きをする習慣はなく、年齢が高くなるごとに臭いがきつくなる傾向があります。
口の臭いの原因は、歯磨きをしないからだけではなく、深刻な病気を示している場合もあり、飼い主は気を付けて観察する必要があるのです。
一般的な口臭の原因として挙げられるのが、口内環境の悪化と食べ物による影響、そして何らかの病気です。
口内環境の悪化とは、歯垢や歯石が溜まっていたり、歯肉炎や歯周病が発症している状態のことを表します。
そして、食べ物による影響とは、油分の多い食事や消化の悪い食事を与えることで、口内が酸化し、臭いを発生させることを示しています。
そして、犬の口臭の原因の最も深刻な原因が、病気によるものです。
鼻炎や咽頭炎、腎臓病、糖尿病、ガンなどが発症していると、においの発生原因になると考えられます。
こうした病気が想定される場合には、なるべく早く医療機関を受診することが重要です。

recommend

アリバイ会社を利用

2018/3/1 更新

Copyright (C) 2015 我が家の一員 All Rights Reserved.